前回干支の山「虎ヶ峰」の帰り道で、鳥屋城層にて2022年度の化石の初採集しました、
海岸の潮干狩り的採集に終わってしまったので、今日は有田層の産地に行って化石採集、
以前から採集したかった場所に行きましたが、コロナ下の事もあり許可がもらえません、
仕方なくと言うか第二の採集予定地へ転進、此処も危うい場所ですが大丈夫でしょう。
前年にどこかの猛者が含化石層を狙い壁を崩していました、だから割る石はゴロゴロ、
転石割に専念できる良い場所です、もう一つの良いことは眼下に鉄道線路が走っている。
化石採集道具以外にカメラと三脚を持参、時間を気にしながら片っ端から石を割る・・
この場所は少し泥っぽい石なのですが、アンモナイト・三角貝・ウニなどが他産します。
👇冬季限定の化石産地、夏場は雑草に覆われイノシシが徘徊する。
 NDF_8152
👇化石産地からの紀勢本線  家が多いけれどまっいいか?
   NDF_8137
まず放置プレイで表面が洗われた石の意確認、割ることなくシャスティクリオセラス、
割り込むとアンモナイトの部品がゴロゴロ、程よく風化した石からはアナハムリーナが、
状態の良い物だけを選びお持ち帰りします、後は残念ながら放置プレイの継続です。
👇残置(放置)石から拾ったシャスティクリオセラス
 DSC_0104
👇割り込んだ石からアンモナイト
 DSC_0100
👇今日はウニとトリゴニアが多く見つかる
 DSC_0097
殻こそありませんがこの産地のトリゴニアは良い、ウニもハート形の物が他産する、
後半に久しぶりにネイシアとバケべリアが出た、帰りのザックは満杯状態になった、
獣道を重い化石を背負い化石産地から下山、1か所産地を回るが見学のみに留める、
2回目の初採集でしたが満足のいく結果、次回は山奥の産地を回ろうかと思案中。