和歌山県立自然博物館のイベントに参加、参加と言うよりもお手伝いに参加、
月2回程度の化石採集には行くのだが、この頃持ち帰り品が少なく紹介できない。
このイベントは数十年続く人気で、参加者の抽選倍率が半端な数字じゃないと言う、
コロナ下まん延防止の最中で特段の注意で、今回は参加者を少なくして開催された。
化石採集のお手伝いと同定と言う目的で、ほぼ毎回参加させていただいているが、
現在活動自粛中の近畿地学会から、今回は6名もボランティアで参加してくれた、
化石採集したくてうずうずした猛者が集まり、+アルフアな採集もされていたようだ。
 YAMA6748
説明が終了後に現場まで15分かけて移動、海岸の産地で恐竜化石を探す参加者。
 YAMA6752
お手伝いの合間に自分も化石採集を楽しむ、割り残した石から大型の二枚貝が出た、
 YAMA6753
 YAMA6758
今回も残念ながら恐竜化石は発見できませんでした、と言う事でまた来年も開催できる、
参加人数が少なかったので「これ何」攻撃も散発、化石の見つけ方や化石の同定などが、
ゆっくり行う事が出来ました・・・、一番ひどい時は参加者120名でお手伝い2名の時も、
私のお持ち帰りは久しぶりのカシオペの実体化石、先の大型の二枚貝?は博物館に寄贈、
誰かはベレロフオンだと言いましたが、巻貝である可能性もあるとの事です・・・