4月1日納車されたTANK、先のウイッシュではエンジン回りのアーシングの改良、
タワーバーを取り付けて剛性を強化した、コーナリングはノーマルより良くなったが、
その反面荒れ地での接地性能が悪くなり、アイスバーンでのスタッドレスタイヤの空転、
異常時の接地性能が低下したようだ、その為に雪道でのスリップ事故につながった様だ。
本来の原因ではないかもしれないが、今度の車は足回りはそのままとして触らない、
また電子部品なども増えているので、エンジン回りもノーマルでいじらないことにした。
先のウイッシュより取り外したドライブレコーダー、まだ新しいので再取り付けを行う、
2回目の取り付けになるので、廃線の取り回し以外は簡単で1時間ほどで終了した。
 YAMA6868
 DSC_1644
 DSC_1645
ルーフキャリアベースの取り付けは、今までスーリーばかりだったので簡単だったが、
今回はイノー製のセット物を選択した、ベースとなるレールがきっちりで余裕がなく、
レールだけはもう少し長い物が良かったようだ。電源コンセントの3個増設等もも行う。
収納スペースが少なく心配したのだが、緊急タイヤ着きの車体であったのが幸いして、
助手側の道具入れにインバーターやら修理用具、タイヤハウスのブロックを取り外し、
隙間に牽引ロープやバッテリー接続ケーブル、ザイルやハーネスなど山用品も収まった、
化石採集用具はコンテナで後部座席の後ろ、最終的にコンテナ2個分の道具は別収納、
状況に合わせて積み込む方向で調整できた、最後にお守りの「シーサー」シールの添付、
アイドルの「虎猫」を積込、保険やETCなど諸般の手続きを行い2日で整備が終了した。