紀勢本線・冷水浦~加茂郷間は私のお気に入りの撮影地=近場で行きやすく定番。
自宅から車で30分あればゆっくり到着、長編成の列車でも充分撮影可能であるともに、
万葉の時代から歌人に多く読まれる景勝地、浅い湾内は絶好の埋め立て地となつている。
前回①で紹介した場所の反対側、移動距離にすれば200mほど冷水浦寄りの国道の横、
西向きになるためにお昼ごろまでが撮影良好、18mmくらいで狙うと海がうまく入る。
下り列車が中心となる6両がベストか、国道42から線路までの斜面の草が伸びるまで、
5月に入ると草の勢いが旺盛で、上り線側は撮影が出来なくなるほど生えるので注意。
👇加茂郷~冷水浦 2058M 287系3+6 増結時はパンダの顔が見えない。
  NDF_1047 20220503 加茂郷~冷水浦 2058M
  NDF_1048 20220503 加茂郷~冷水浦 2058M
👇加茂郷~冷水浦 2060M 289系 3+6
  NDF_1058 20220503 加茂郷~冷水浦 2060M
👇加茂郷~冷水浦 362M
  NDF_1015 20220502  加茂郷~冷水浦 362M
👇加茂郷~冷水浦 2070M
  NDF_1029 20220502  加茂郷~冷水浦 2070M
👇加茂郷~冷水浦 61M 上り線はこれから足回りが草で隠れる  
  NDF_1022 20220502  加茂郷~冷水浦 61M