緩やかなSカーブの出口付近の撮影地、この場所は紀勢電化の時代からも定番撮影地、
以前は線路脇で撮影する事が出来たが、昨今の「撮り鉄」のマナーの悪さが目立ち、
ベストの撮影ポイントに入ろうものなら、運転士に線路内立入を見られて即防護無線、
列車の運行を妨げるとと共に「撮り鉄」扱いされて、非難は避けられない状況になる、
今撮影している場所は厳密には鉄道敷地内ではあるが、柵及び一般の路扱いになる場所、
立ち入りが制限されている場所ではない、下の写真で見える左側の階段の中段付近。
 NDF_1225
この場所は一応上下の列車が撮影できる場所で、上り列車も線路より少登れば全景が、
クリアできる場所があり9両でも大丈夫、欲を言えば線路両側の立木を伐採したい位だ。
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2053M この位置より下がると後部が木に隠れる
 NDF_1139
 NDF_1140
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2053M 後追い撮影で狙う
 NDF_1141
👇広川ビーチ~紀伊由良間 6055M 9両(増結時)はパンダは撮れない
 NDF_1090
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2057M 上下列車とも同じようなアングル
 NDF_1186
👇広川ビーチ~紀伊由良間 6068M  後追いになるが下り列車 
 NDF_1068
週遅れのゴールデンウイーク(代)3連休、何処にも行けない3連休でめげている。