2021年7月に廃車となった検測車、クモヤ443系に代わるDEC741の試運転がありました。
走行システムは2021年9月に試験を開始した、電気式気動車DEC700と同様の構造で、
エンジン一体型の発電機で生み出した電力で、モーターを動かす懐かしい電気式気動車、
古いシステムとはかけ離れた構造らしいが、
DF50やキハ44000系シリーズを思い出す、
DEC700と同様にハイブリット化もして、走行用蓄電池の搭載にも対応しているらしい。
紀勢線の和歌山~白浜間で21日一往復、乗務員の完熟訓練を兼ねて試運転が行われた。
👇岩代 試9321D 
 DSCN3697b  20220521 岩代 試9321D
 NDF_1481 20220521 岩代 試9321D
👇加茂郷~冷水浦 試9322D
 NDF_1556 20220521 加茂郷~冷水浦 試9322DM
 NDF_1563 20220521 加茂郷~冷水浦 試9322DM
初めて見た時の印象は細身の顔付きで、「きのくにシーサイド」を思い出した、
起動時のディーゼルエンジンの音が思いのほか大きく、懐かしい匂いも充満していた。
先の2本のキヤ141と合わせて活躍が始まる、次のハイブリット化が楽しみだ。