水面に映る列車の虚像(水鏡?)を撮りたくて、紀勢線沿線で考えてみたものの、
大きな池や水面がある所は極端に少ない、また水があつたとして背後も風景が大切だ、
思い当って最後に行きつくのが田植えの時期の田んぼ、田植え前には水が張られている、
また稲の苗が小さい時期なら大丈夫だろう、南から田植えが始まるので候補を探したが、
田圃が小さいや田の位置など考慮すると、御坊~湯浅間に何箇所か撮れるであろうと思う。
天候とにらめっこして田んぼの状況を見る、御坊付近の田は一部が放棄されて居たので撃沈、
車窓からみかん畑の中のめぼしい田んぼを見つける、紀伊由良~広川ビーチ間の山間の田、
田圃の代掻きが終了して待ち構えていたが、水入れの翌日には稲が植えられて田植えは終了、
今の稲田は田植えのまえに垢(アク)抜きをせずに、後数日で薬剤(雑草除け)がまかれる、
その為に水が濁らず美しいのは1週間ほど、この田圃も水面上に緑のアクのような幕が張る。
ここしか候補が無いので下見をしたらやっぱり緑、見老津に撮影に行きそのあとで道成寺へ、
ここも光線の加減で水鏡は不鮮明であつたが、南風の影響で田んぼの片側に濁りは寄った。
👇和佐~道成寺 2070M(後追い)
  NDF_2189 20220609 和佐~道成寺 2070M
この条件ならば紀伊由良の田圃ももしかして?、少しの期待をもって現地に向かってみたら、
正解でした田圃のアクのような物は山側に偏り、水面が出ているうえに水も補給中です。
👇紀伊由良~広川ビーチ 2074M (後追い)  
  NDF_2246 20220609 紀伊由良~広川B 2074M
👇紀伊由良~広川ビーチ 378M (後追い)
  NDF_2288 20220609 紀伊由良~広川B 378M
👇紀伊由良~広川ビーチ 2078M (後追い)
  NDF_2307 20220609 紀伊由良~広川B 2078M
👇紀伊由良~広川ビーチ 67M 
  NDF_2295 20220609 紀伊由良~広川B 67M (2)
夕刻までの数時間を楽しむ事が出来ました、しまった76M(パンダ)は撮影していなかった。