大阪の友人からおかしなメールが来た、「新たなお立ち台ありがとうございます」
「新たにおひとり様限定の特別席をご用意しました、荒れていますがご利用ください」。
何の事かと頭をひねるが思い当らない、添付された画像をダウンロードすると一目瞭然、
写真にはかっての撮影地から撮影した画像が、これは行かなければならないと決断。
お父さんの日を発動して現地に向かった、少しマムシ臭さがある海岸への道を下ると、
切り開かれた場所が現れたがそこは✖、その横にトンネル上に至る小さな空間がある、
付近の小枝をはさみで切りながら空間を広げる、下り1番列車が姿を現し通過していった。
藪蚊に刺されながら62M~51M通過まで、至福の時間を過ごすことが出来ました・・・
👇見老津~双子山(信) 62M  (後追い)
  NDF_2078 20220609 見老津~双子山 62M
👇見老津~双子山(信) 2327M  
  NDF_2123 20220609 見老津~双子山 2327M
👇見老津~双子山(信) 66M  (後追い)
  NDF_2150 20220609 見老津~双子山 66M
  NDF_2157 20220609 見老津~双子山 66M
👇見老津~双子山(信) 51M  
  NDF_2168 20220609 見老津~双子山 51M (2)
この場所の位置的関係で午後からは逆光、列車運転時刻の関係で進行列車は51Mのみ、
必然的に後追いでの撮影がメインとなる、また谷筋で湿り気もある事を考慮して、
毒蛇(マムシ)を警戒しなければなりません、長靴着用で対応した方が賢明ですね。