南の島から黒潮に乗って本土に漂着する種子、昨年に紀伊浦神の海岸で見つけた、
いつもは串本付近でのビーチコーミングが多いが、紀伊浦神の海岸線を歩いてみた。
👇見つかったワニグチモダマ各種
  YAMA6900
さすがに国道から離れ山越えもある為に、同業者は来ないのか砂浜は無いにしても、
思ったより漂着物は多く楽しむ事が出来た、水に浮く種子と言う事で黒潮に乗って、
ここの海岸まで流れ着いても発芽条件は悪く、海岸で朽ち果てる物が多いのだが、
ダメもとでモダマやカショウクズマメを、植えて発芽したらいいな程度の感覚だった。
植えてから6ケ月一つの植木鉢から芽が出た、2週間ほどで20cmに伸び葉も出てきた。 
         YAMA6890
  YAMA6895
  👆マメ科 トビカズラ属 ワニグチモダマ (鰐口藻玉) Mucuna gigantea
発芽する事が出来たがこのまま成長は?、温度の関係もあり開花・結実は困難だろう、
もし成長して開花まで至れば下の写真のような花が、石垣島の海岸に自生する同種類の花、
ただし受粉にはオオコウモリが必要、こいつは和歌山県には居ないことから絶望的ですね。
  J113