真夏の化石採集に行ってきました・・・和歌山の有田層の超有名産地を2か所、
同じ職場の恐竜好きな子供さんの案内、もちろん恐竜が見つかった産地です。
   YAMA6930
一か所目の海岸ははほとんど熱波地獄の様相、日影を求めて右往左往しながら採集、
不思議な巻貝が一つ見つかりました、此処で化石採集の何たるかを説明し午後へ、
運よく産地も地主さんの許可が得られて、広い採石場を4人で独り占めで化石採集、
大勢が捜した後で手ごろな石が無く掘り返し採集、それでも主な種類は採集でき、
  YAMA6932
最後に訪れた露頭に誰が割ったのか団塊が一つ、明らかにおいしそうな石なのですが、
先行者は大割しただけで放置プレイ、チラリ見ただけで6種類の生物遺骸が確認でき、
割り進むと小さいですが完全体に近い状態の、クリオセラタイテスが2点と部品の山、
大変美味しい団塊で楽しませていただきました、この工事が進展すると大変ですね、
  YAMA6933
暑いなんて言ってられない状況になるかもしれません、しかし今は静観のみで沈黙!。
残念だったのは此処の化石が貴重だと言う事を言い忘れたために後の祭りに・・・、
見た目の良い物や完全体のみに目が行き、部品でも貴重なものが現場へ放置されました、
自分の採集では貧慾で部品まで持ち帰るのですが、今回は案内と言う事で説明足らずで、
貴重な化石の部品が持ち帰られず、現地に放置された可能性が大きく誰か拾って下さい。
  YAMA6935
最後の団塊から見つかったアンモナイト2点、トゲ付きクリオ(右)はガイド料です。