イメージ 1

化石山採集のアンモナイトの顎器の最後の1点、はじめ見つけた時はまるで鮫の歯のように見えた、古生代の鮫の歯ペトロダスに似ていた、それというのも鮫の歯や恐竜を研究している岐阜県のF氏に見せてもらった金生山産のペトロダスと似ていたからだ、もしかしたらカルカロドン?かも、しかし時代が合わない、よく観察すると最初の標本と類似点が見つかり、リンコアプチクス型の顎器の下部(腹面)のものと思われる、先端部分が失われているが、石灰質の沈殿物と思われる部分が少し残っていた、最初の標本と対なのかもしてない大きさも同じようだ、アンモナイト本体のサイズだが大体顎器のサイズの幅の4倍くらいとなるらしい、このことからこの顎器の持ち主のアンモナイトは200mくらいのサイズとなるらしい、大阪のTさんありがとうございます、この標本は幅45mm高さ40mmです、先日の標本は雄型と雌型に分離?、又は半分に割れている為に、片方を和歌山県立自然博物館に寄贈しています、こちらで実物を見ることができます。