イメージ 1

不思議なものである、この写真の標本を見ていただきたい、砂岩質泥岩の表面に、トリゴニア(三角貝)がみられる、裏側には巻貝(カシオペ?)の印象化石も見られる、和歌山県産と言えば、ほとんどの人が湯浅町の有田層産の化石と考えるだろう、実はこの化石の産地は有田郡金屋町(現在有田川町)小川産だ、付近は外和泉層群鳥屋城層が分布している、鳥屋城山から流れる小さな川の、河床の転石からの採集だ、露頭や時代を確定できる地層からの採集でないので、確実な同定は出来ていない、この時代まで生存していたのか、それとも白亜紀前期に生息していて死後化石化して、何らかの理由でここまで運ばれて二次堆積となったのか、それとも鳥屋城層の下に有田層の一部が分布しているのか、謎が深まるばかりだ?現在でもトリゴニアの子孫は一部の地域に生息している、又白亜紀層からもトリゴニアの仲間のヤーディアが見つかっている、私としては細々とでもいいから白亜紀を通して生息していたと考えたい。