イメージ 1

丹後半島から北陸三里浜まで夜間に移動、噂に聞く三里浜は大きく気持ちのいいところだった、数日前にビーチクリーニングご行われたのか、海岸には漂着物(ごみ)が思ったよりもすくなかった、穏やかな休日で海岸は釣り客が大勢で、この漂着物の少ない季節浜歩きする、自分は完全に浮いていたと思もわれる、冬には季節風で漂着物が多く集まるだろうと思われる、次回は寒くなってから再訪しよう、今回の2日間の足早な浜歩きで期待したような漂着物には出会わなかった、最後に越前海岸の小さなポケットビーチで金属製の浮きを見つけた、付近の住民が掃除を兼ねて、浜辺の漂着ゴミと一緒に焼却処分してしまったのだろう、アルミ製の浮きだが表面が真っ黒で、黒いカエルちゃんだと思って持ち上げたら、金属(アルミ)製の浮きだった初めての拾いだったので持ち帰ることにした、特に南方系の海豆はゼロ、やはりこの季節は太平洋側か?