イメージ 1

イメージ 2

今日、名南風鼻海岸にシルル紀のサンゴ化石の採集に行ってきた、4月に見つけたサンゴ化石を含む岩
塊は誰も手をつけていなかった、アンモナイトなどと違って人気が無いのだろうか?、早々大ハンマ
ーの出番、この岩塊のいいところは適度に板状に割れる点だ、ハンマーとタガネで板状に小割誌なが
ら化石を探す、霧吹きとルーペは必需品、小さいながらも日石サンゴ(ヘリオリテス)やハチノスサ
ンゴが表面に見えているのがありがたい、ウミユリは2mmくらいの物が良く見つかる、クサリサン
ゴも見つかるがなかなか繋がった物が見られない、、足元に石の塊が出来る頃2cm×2cmのクサ
リサンゴ(写真上)が見つかった、石を4分の1くらい割ったところで時間切れ、残りは次回に?。

もしこのブロブを見ている方で興味のある方は、続けて採集いかがですか、ばべ鼻と名南風鼻の間に
ある名南風鼻海岸の名南風鼻より、山越えして海岸に下りて右側の崖のどん詰まりです、目印は崖を
構成するトナール岩の中に石灰岩が挟まっているところ(写真下)ですシルル紀サンゴ化石を含む岩
隗の下に岩クズがたくさんあるので分かると思います、まだまだ入っていると思われます、又岩クズ
にも入っているかもしれません、シルル紀サンゴに興味のある方、採集してみませんか?