イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

八重山での遊び方、登山

八重山諸島の由来は、島々が山のように重なって見えるからだといわれたりします、八重山諸島は琉球

弧の中にあって高い山が多く、石垣島には沖縄県最高峰の於茂岳526Mや、尖峰の野底岳280M等魅力ある

山が多く山腹は熱帯雨林独特のジャングル化している為に、こちらからのアプローチもあわせって楽し

めます、低山でも0mからの登山を楽しんだり、林道の利用で簡単に登山することも出来ます、最高峰

の於茂岳(写真上)は割合長時間の登山が楽しめ、ジャングルからリュウキュウチクの山頂まで動植物

を楽しみながらの山歩きは新鮮です、北部の野底岳(写真中)は登山口から見る限りでは、登山ルート

が無いような岩だらけの尖峰ですがごくごく簡単に登れます、山頂の岩場からの眺望は絶景で足がすく

みます、いつも訪問時はどこかの山に登ることとしていますが、どの山も何がしかの信仰の対象となっ

ています、山頂(写真下カーラ岳)からの眺めは、緑なす島々を囲む珊瑚礁に砕ける波と海の青さが、

八重山を象徴しているようです。