イメージ 1

やっとこさ重たい腰を上げる、たまりにたまったシルル紀のクサリサンゴやハチノスサンゴのクリーニ

ング再開、まずは道具の紹介から、実は専用工具なんてまつたく持っていません、

 スーパーグラインダー(どこがスーパーなの?ホームセンター購入)
 デイスクは  3MのCSNへベル(180番くらい石灰岩ならがんがん削れる)
        320番ナイロンデイスク(100円ショップで300円)
        布研磨デイスク(鏡面仕上げ用)
 サンドペーパ 空研ぎペーパー  240番  400番  布100番
        耐水ペーパー   400番 800番 1000番  2000番
 
   霧吹き・ルーペ・クリアラッカー・その他

以上のどこでも買える道具でクリーニングをしています、まずはクリーニングする石のどの部分にサン

ゴ化石が入っているのか、ダマートグラフで赤丸で囲みます、名南風鼻海岸のクサリサンゴは、粉砕と

熱変成を受けているものが多く、四国の横倉山や九州の祇園山のような大きい物は見つかりません、そ

のために平面では一部しか確認できないことも多くありります、一応グラインダーで平面をを作り、そ

こからは。感を働かせてサンドペーパーで仕上げることとなります