イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今回クリーニングするのは、ここ半年間に採集した名南風海岸のシルル紀のクサリサンゴだ、採集時に

確実にクサリサンゴが確認できたもののみ5点をクリーニング(研磨)する、グラインダーに3Mのへベ

ルを取り付け、先にマーキング(写真上)した部分を研磨する、表面を薄く剥ぐようにグラインダーを

動かし、バケツに張った水に浸してサンゴのつながりを確認をする、ここの石には薄利面に沿って、薄

く方解石のような熱変成物が見られる、これを剥ぐことによってサンゴ(写真中上)が見つかることも

あるので注意が必要だ、この繰り返しで平面を作りながら珊瑚を探す、あらかた削り終えると、サンゴ

の部分に再度マーク(写真中)を付ける、この状態でも濡れていれば、クサリサンゴ(写真中下・下)

が肉眼で確認できる、一番下のクサリサンゴはここでは一級品だ、後は乾かしてサンドペーパーでの研

磨になる。