イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今日も仕事から帰ってきてからの作業、空研ぎ用のペーパーで前日の石を磨く、デイスクグラインダー

では大きな傷が残っているので、粗い目の100番280番400番と進めてよく、あらかたのでこぼこが取れ

て、表面が滑らかになったら今度は耐水ペーパーに交換600番800番1000番1500番と交換しながら磨く、

この時点でクサリサンゴのつながりを確認しながら、もう少し削れば出そうな部分が無いか確認する、

もしこのような部分があれば、再度空研ぎを行い磨きなおす、この作業で表面がでこぼこすることがあ

るが、2000番の耐水ペーパーで磨く頃には判らないぐらいに落ち着く、200番終了後この状態で乾いても

充分サンゴが見える状態となっている、後は乾燥後に表面をクリアラッカーで保護して終了。