イメージ 1

イメージ 2

休日を利用して、化石のクリーニングをおこなった。

某工事現場の化石ノジュールは、とうとうあと1個になってしまった、いまだにメナビテスの姿は見ていない、ユーボストリコセラスの佃煮状体に、時々テトラゴニテス混じる程度、その上溶け込みをおこしている為に、テトラゴニテスは気房部分が無く、ユーボストリコセラスはばらばらで繋がらない、最悪の状態で涙が出てくる、ここからはまともな化石は出ないのか?

気取り直して、今までチョコチョコクリーニングしていたものを、お土産や交換用に整理した、貧乏性で産地で化石を見ると、すべて持って帰ってしまうから、自宅には部品状態の化石がたくさん溜まる、こんなものでも工事現場の土砂に埋もれて、再度化石化するよりこの方が良いように思う、もらっていただけることがうれしい。