イメージ 1

イメージ 2

朝から部屋の掃除をした、幾重にもほったらかしにした本や、仕事で使う資料やパンフレットが重なり、地層を作り所々で本崩れや本滑りを起したりしていた、不要なペーパーゴミはみかん箱3箱になった、残ったのは未整理の化石が入った小さなコンテナのみ、まだまだクリーニングする化石があるので安心だ、夏場の山はトグロを巻く生き物がいるので、ほとんど産地に入らない、海岸や工事現場などの安全な産地めぐりがメインとなる、

先日産地めぐりのとき見つけた、小さなノジュールの一つには、おなじみの有田層の化石が入っていた、ほとんど変形を受けていないが、ノジュールから飛び出した部分が溶けている、有田層でも時々ノジュールから、変形を受けていない化石が見つかる、保存状態はいいのだが硬くてクリーニングがたいへんだ、少し石を外してみたら先の化石はAクリオセラスだった、ノジュールから飛び出した部分が、溶け込んで無いのが残念だ、もう一つのノジュール状の石の表面からは、正体不明の魚の鱗も見つかった、ここの産地も現在採集禁止となっているが、表面採集だけさせてもらった、。