イメージ 1

イメージ 2

久しぶりのビーチコーミングだ、JR利用で串本方面2箇所を訪れるた。

早朝5:00起床、西の空に輝く星が瞬いている、天候は午後から雨と言うことになっている、
串本への所要時間は3時間30分、お尻が麻痺する頃に到着したが、空は今にも泣き出しそうだ。

まず最初は串本・潮岬北側の浜でガサゴソ開始したが、3連休の影響か何人ものビーチコーマーが訪れたのだろう、台風ラインと満潮ラインの漂着ベルトは、ことごとくかき回されて物色済みのようだ、
この連休数日は、天候もまあまあでビーチコーミングには最適だったのだろう?
浜に下りた頃から、時々雨が降り始め傘と雨具のズボンだけを着用した、
この浜ではジオクレア1個のみの収穫となった、早々に昼ごはんを食べ、海岸をBCしながら移動、
今日の潮回りでは、アドンの鼻の向こう側の岩場が通過できない為に、大きく高巻きを行う、
途中から下降し浜に下りるが、降り口をまちがい海岸付近の「あせ」のヤブコギに苦労した。

2箇所目の須賀の浜は、海岸クリーンアップの影響で、半分だけ漂着ゴミ(宝)が焼却処分されていた、南側の台風ラインは、清掃と焼却を免れた漂着ゴミが残されていたので、こちらを中心に探す、
ここでの要注意点は犬の糞、この付近の愛犬家は糞の処理をまったくしない、海岸に糞をさせてそのままで、処理は海の波がすることとなる俗に言う「水洗便所」か?
雨が強くなってきた海岸で、ゴミを引っ掻き回す変なおじさん状態となる、付近に人にはどのように見えているのだろう、潮岬北海岸と違いここでは海豆を少し見つけることが出来た、
ジオクレア、モダマ、ワニグチモダマ、バンギの木、シナアブラギリ、ハカマカズラなどなど、
15:30雨は本格的に降り出し、辺りも暗くなってきたので本日のBCを終了した、

あとはまた3時間30分かけての帰宅、車中で拾った海豆の整理中、ハカマカズラの実と思っていたものが別物であったことが判明した、以前石垣島で拾った「チビブク」にそっくりだ。