イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

太平洋側のほうが多いのかなと思っていた海豆(種子)

目を凝らして良く探せば、たくさん漂着しているようだ

人間の目とは不思議なもので、小さな漂着種子を見つけようと思えば、

大きなサイズ(10cmくらい)のガラス浮きなどが目に入らない(見つけられない)ことがある

串本でも種子ばかりに気を取られて、後ろを歩く娘にガラス浮きを踏みつけていると注意された、

足元のガラス浮きがまったく目に入っていなかったようだ。

今回種子が多く漂着しているという情報が事前に Shigeさんと kinさんにより紹介されていた、

浜歩きのとき特に茶色くって丸いものに注意をし、海草の上やゴミ溜まりをほじくっていた、

食見海岸で写真上のデブモダマことEntada spiralisを見つけた、表面は光沢が無くエボシ貝が漂着し

ていた。

写真中・下の左上のマメは、食見海岸で娘が見つけたジオクレア(Dioclea spp) 

右上・左下は丹後半島琴引浜の海岸で見つけたワニグチモダマ(Mucuna spp)2種、模様ありと無しの

ものだ、以前は模様無しが八重山や沖縄産、模様のある物が外国産と言われたきたが現在は、国内でも

模様のあるタイプが生育しているために一概に分けられないような状態だ、

今年はアオイガイの漂着が少ない反面、南国種子が多いのだろうか?

写真中・下の右下の種子はいまだに何の種子かがわからない。