イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

あれ・・・もしかして?

STONE-HUNTER さんの最新記事を見ていて思い立ったことがあった

自宅の庭での雨樋の出口で、放置プレイ中(詳しくは雨水の酸で表面のコーテイング中)の石灰岩

高知県の横倉山の沢筋で見つけた、ウミユリやクサリサンゴが入った赤いシルル紀の石灰岩、

ダチョウの卵サイズのものを半分にぶった切って、半分は風化面を研磨した標本としたものだ、

もう片方は、クサリサンゴの成長断面を見ることができるが、放置したままだった。

この石の表面に見られる楕円形の断面が、もしかしたら直角石と呼ばれる頭足類の化石かもしれない、

ただ断面の繋がりがないことから、本体の過半数は溶けてなくなってしまったようだ、

隔壁の部分ばかりの直角石ならわかりやすいが、STONE-HUNTER さんの写真で見る断面写真から、

住房部分のは色が違うことがわかった、連室細管部部分は確認することができないのが残念だが、

何かの部分であることは確実だ、これ以外にもこの石には丸い断面の部分が何箇所か含まれていている、

良く見れば三葉虫の頭部の断面にも似ている、剖出できないのが残念だ。