イメージ 1

イメージ 2

昨年、和歌山県有田郡広川町の海岸で採集した、石灰岩のクリーニング中におもしろいものが出た、

ここは古生代シルル紀の石灰岩が、火成岩にはさまれたレンズ状に地表に姿を現している地域で、

この石灰岩の中に床板サンゴ類の化石が含まれている、保存状態はあまり良いとはいえないが、

クサリサンゴ・ハチノスサンゴ・日石サンゴや四方サンゴ類を見つけることができる、

この石は、昨年見つけた新しい海岸転石からの採集で、ここで見つかるクサリサンゴは一応・・

報告されているものでは Schedohalysites kitakamiensisと Halysites sp,だが、

今回のサンゴ化石については、クサリ部分の内部構造など変成作用にて、詳しく見ることができないが、

形状からするともしかしたら Halysites bellulus かもしれない、ただ10mmX10mm断片の為、

クサリの繋がりが2個以上続いていないし不鮮明の為???マーク付きの標本だがここでは貴重なもの、

ここ数日石灰岩磨きで肩がこる日々が続くが、このようなものが見つかると一発で疲れも吹き飛ぶ。