イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

先日のアマゴ釣りではボウズでほとんど山歩きとなってしまった。

今日は泊まり明けで頭の中は薄く幕がかかった状態(寝不足)だが、あんまり天気がいいので、

午後は家から車で30分の貴志川水系の支流の〇〇川へ足を伸ばしてみた。

こちらの川は漁業権が無いので問題なし、私の友人Cが個人的に稚魚の放流を行なった河川だ、

昔はこの川にもアマゴがいたらしいが、10年前にはアブラハヤしか生息しない川になってしまっていた、

時期を同じくしてこの地区の最後の住民が地区を離れ、とうとう住民までいなくなってしまった・・・・

これに目をつけたCが、有田川水系から2回に分けてアマゴの稚魚を個人放流したのだ。

人から忘れられていたことがうまい具合に働いて、放流アマゴは細々と生息しているようだった、

あまりにも小さい川なのでテンカラ竿1本だけを持ち、2Kmほどの川を探り釣りを行なってみた、

小さな淵や落ち込みに毛ばりを入れると、アブラハヤが釣れることがわかった、

途中3匹のハビ(マムシ)に遭遇しながら釣り上がり、最上流部の魚止め滝付近でアマゴが飛び出した、

やっぱり細々と生息していたようだ、それもパールマークもピカピカの美しい天然アマゴだ、

こいつはそっとリリースすることにした、Cが行なった放流は実を結んでいるようだった、

帰りは緑を楽しみながら帰る、放置された田畑は山に変わろうとしている、道端で見つけた山桑は

完熟していないですっぱかった、魚は持ち帰れなかったが、野いちごとヤマモモをお土産にできた。

Cに魚のことを報告すると、「まだがんばっているやつもいるんだな」と遠くを見ていた。