化石の目というのがあるらしい。
状況に応じて、採集目的とするとする化石のみがよく見えるようになるらしい、
アンモナイト採集目的で山に入ると、アンモナイトはよく見えて見つけることができる、その反面小さな化石などを見逃してしまうことも多くある。
最新のデジカメにおける、顔認識機能と同じようなものではないのだろうか?
オールマイテイに使える、「化石認識機能」付きの目がほしいところである。
イメージ 1
イメージ 2
 
軟骨魚類   Cretolamna  属の歯 
上部白亜系 カンパニアン    外和泉層群 鳥屋城層
和歌山県有田郡有田川町
 
この2点の化石はいずれも先行者がアンモナイト探しで割った石から見つけた。
御山におけるイノセラムストラップのことは、以前にも何度か報告したが、
この大型二枚貝の殻がシエルターとなり、アンモナイトなどが保存された例が多く、
部品とは言えども、何がしかの化石を取り込んでいることが多く注意が必要だ。
同時代の地層からもサメの歯が割合多く見つかっており、私も数点採集している、
発掘が進められているモササウルス、最初に見つかった足ひれ化石本体にも、
数本のサメの歯が突き刺さっていたことから、格闘か残飯漁りをしていたようだ。
 
この2点の鮫の歯は、割られた転石の断面に特徴的な断面模様を発見し、
持ち帰り自宅でクリーニングしている時に、サメの歯と断定できた幸運な標本だ、
大物探しで捨てられた石にこそ宝物が埋まっているようだ。