ちょっとネタ切れ・・・
家族での沖縄旅行の時、出来る限りチェーン店の料理店や居酒屋を避けている。
食事の内容が画一的で、サービスが悪く又料理も洗練されているからだ、
そんなわけで出来るだけ地元の「食堂」「レストラン」に注目して食事する。
前回貸切で食事できなかった「名護曲レストラン」もその一つだ。
名護には魅力的な食事所が多く、良いアドバイスをくれる方もいて楽しみだ、
植物園(熱帯ドーム)で遊びすぎて、食事時間が1時間しか取れなかったが行けた、
ここのメニユーは「通称・沖縄病」患者には、キョーレツな特効薬となるものが並ぶ
ここのお目当てはここでしか食べられない「イルカ料理」だ。
ヒートゥのステーキ・ヒートゥの立田揚げ・アヒルのナチョラー汁各定食を注文した。
お店のお姉さんに注文すると、申し分けなさそうに出た言葉が・・・
「独特の匂いがありますので、だいじょうぶですか」と何度も優しい言葉を、
「クジラを食する和歌山・クジラで育った年代ですから」と答える。
イメージ 1
イメージ 2
運ばれてきた料理はボリユーム満点、クジラのお友達という歯ごたえと味で美味、
娘もバクバクかぶりついていました、昼食時間を外した為かゆっくりと食事でき
満足でした、やっぱり沖縄料理はこうゆうお店が一番ですね。
ここの店はメニユーが200種以上、それ以外にも組み合わせが可能だとか、
 
次の目標は・・・ヒジャーまたは豚の「チーイリチー」だ。