仕事明けに急遽ビワの収穫に行ってきた。
嫁さんの実家はビワとミカンが主要な作物となる農家で今が忙しい盛り、
イメージ 1
イメージ 2
写真は、樹高4mくらいの茂木ビワの天頂付近からの展望、
ビワは無農薬で栽培される代わりに、袋掛という作業を要する、
袋掛が終る4月ころには、ビワ畑には袋が花のように咲き誇って見える、
今年は台風の影響で天頂付近の袋をかけられたビワが風の影響でぼろぼろだ
ひどいものでは袋から飛び出したり、袋が破れて落下したものも多く被害甚大。
細く折れやすいビワの木に登り、袋ごとビワの収穫を手伝うが細心の注意を要す、
ビワ本体と臍を外さないような収穫方と、表面に傷を付けないような配慮が要る、
イメージ 3
唯一の楽しみは、袋から飛び出したビワの食べ放題ということか・・・・
見てくれが悪いだけで商品としては適さないということ、しかし食味は最高だった。