今年の梅の出来は最悪だった、落下や台風による被害で収穫はたったの2Kg
それも表面に醜い傷をつけたものが多く、すべて梅ジャムにすることにした、
①梅を洗う、表面に蔕などを取り除く、数時間梅を水に漬ける。
②梅を加熱する、40℃くらいまで過熱し梅を柔らかくする、2~3回繰り返し。
③梅を冷ましてから、果肉から種子を取り除く、果肉は細かくみじん切り。
④元の梅の重さの70%くらいの砂糖を準備、果肉とその砂糖半分を合せ加熱する、
 弱火で加熱時間は5~10分、途中であくが出てくるので取り除く。
⑤残りの砂糖を加えて15~20分弱火で加熱、砂糖を追加し甘さの調整行う。
⑥熱いまま容器に移し変えて保存。
イメージ 1
イメージ 2
我が家では梅の酸味を多くしたいので、砂糖の量は最初の梅の約70%を標準にしている、ただしその年の梅の成熟度により、砂糖の加減を行なっている、また果肉の部分で硬い皮の部分も、ある程度形を残すように大まかに裁断している。
 
さて・・・ゆっくりと熱さましを行い、明日の朝食で味見しよう。