イメージ 1
自転車による旅行を考えていたころ、自力で購入したツーリング車BS-SSQ10
もう一つ上のダイヤモンドシリーズの方を検討したが、こちらに落ち着いた、
両者の違いはフレーム材質が、クロモリかハイテンションかの違いと、
輪行袋が付いているかの違いくらいで、仕様にはほとんど大差がなかった。
中学生の夏と冬にに、アルバイト(本当は禁止されていた)をして資金を調達した、
以前の山口ベニー号とは違い、最初から輪行可能なランドナータイプで重宝した、
旅行中心の使用にと購入したが、高校時代は海南~西浜間の通学にも使用、
今まで乗った自転車の中で最も走行距離、使用年数が長く愛着のある自転車だ、
部品交換やメンテナンスにも力を入れたので、34年間の使用で酷使にも耐えた。
最後にRフレームのロウ付け部分と、シートポスト部分の亀裂により廃車となる、
現在ならフレームレストアも考えられたのだが、当時は手の施しようが無かった。
幸い部品は友人などの手に渡り、再使用に活用され生き残ったものも少なくない、
その一部品は里帰りして、今回購入したユーラシアのレストアに活用されている。