台風一過の化石つづき・・・
ここは以前から、たくさんのイノセラムスが見つかる産地だった、
殻等の残るものは分離が悪く、殻がとけ去ったものは見事な印象となる、
ほとんどクリーニングの必要がないほどである。
中生代上部白亜紀、浦河統からヘトナイ統の二川層と呼ばれる本産地は、
西部の化石山と同じとされているが、産出化石については差が見られる、
ここでよく見つかる二枚貝類・イノセラムスの種名については判別が難しく、
すべてひっくるめて Inoceramus japonicus又はezoensisはとするのは疑問に思う
これ以外の数種類のイノセラムスが共生していたと思われる、
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 4
イメージ 3
特に Inoceramus japonicus と思われる物については、巨大化するものが見られ、
今も河床に1mクラスのものが、ごろんと転がっているのには驚かされる、
頭足類は少ないが、イノセラムスはここでは何処にでもある化石となっている。