例会の行なわれた海岸から持ち帰った石。
 
イメージ 1
塩抜きと乾燥を行い、今日クリーニングを再開した、
黒い泥岩から出来たのは、表面がぴかっと光った二枚貝が多い
ハヤミナ(Hayamina naumanni)、アイソメドラ (Isodomera shiroiensis)、
テトリア(Tetoria)、バケベリア (Bakevellia)  、カキなど、
巻貝では、カシオペ (Kashiope)、チロストーマ(Tyiostoma)など 、
 
ここの貝化石は、部品で見つかるとドキッとするくらい美しい、
一瞬「恐竜の歯?」と思い込むほどのものだ。