休日が雨にたたられていた為に、化石採集に行くことが出来なかったが、
今日は何とか一日持ちそうなので化石採集・・・行き先は通称「御山」
北斜面のあまり人の入らないような谷に行くことにしました。
こんな感じの小さな谷です、白亜紀後期の地層を削り取った谷です、
イメージ 1
入口のすぐ近くで流されてきたイノセラムス発見、両殻です幸先良好です、
イメージ 2
続いてキャナドセラス(気房部分と融け去り)が落ちていました。
イメージ 3
タナボタで周りの崖からノジュールが落ちてくるのですが・・今日は有りません、
先行者が居たようで石が割られています。
それでも崖の中にノジュール発見、つるはしで穿り返して落としました、
端を割ってみるとイノセラムスが顔を見せました。
イメージ 4
中には大きなイノセラムスが2個入っていました、一応殻付状態です。
イメージ 5
この付近のイノセラムスノジュールは、イノセラムストラップの物が多く、
この殻の下に、アンモナイトが隠れていることがあります、
割るべきか・それともこのまま標本とするか・・・・・
左側のイノセラムス本体一部行方不明、どこを探しても見つかりません何故?