尾道に立ち寄ったもうひとつの目的は、尾道ラーメンを食べること、
以前和歌山市内にも尾道ラーメンのチエーン店が1軒あった(潰れて閉店)
その時の爽やかな味が、和歌山ラーメンとは違い嗜好に合致したからだ。
前もって口コミなどで確認なしのため、しまなみ渡船の方においしい店を訪ねた、
尾道ラーメンを前面に出している店は新参店が多く、味も普通で観光客用目当て、
朱華園・つたふじ・壱番館がいいと教えてくれた、「朱華園」は休日?だとのこと、
「つたふじ」は店の親父が観光客嫌いで、口うるさくお世辞にも清潔でなが味は◎、
店が混んでいたら向かい側の、「壱番館」にしたほうがいいよと教えてくれた、
イメージ 1
「朱華園」お休み、問題の「つたふじ」を覗くと、早い時間の為すいているので決定、
中華そば(並)を注文、目の前で親父の豪快な湯切りを見ながら待つこと5分、
途中で入れた粉は魚粉でしょうか?それとも秘密の調味料なのでしょうか?
イメージ 2
出てきた中華そばは、丼の脇までの熱々のスープで溢れんばかりの様相、
細麺に厚切り薄味チャーシユー二枚・メンマ・ネギ、表面にはうっすらと油膜付き、
レンゲがないので丼に口をつけてスープを確認、見た目より油っこくなく爽やか、
それでいて濃厚な味がついている、かすかな魚類いりこか?何かでしょうか?
肉厚チヤーシユーもほとんど味がついてなく、スープに干渉しないのがよかった、
最後まで熱々のスープと格闘し食べ終えました、丼の底には少量の粉らしきもの、
そば出来上がり直前に入れた調味料、調味油なんでしょうか魚粉なんでしょうか?
久しぶりに美味しいそばいただきました、代金500円を払い店を出ようとしたところ、
メニユーに釘付け・・・中華うどんって何?、これはまた次回のお楽しみとしましょう。
堪能して店を出るとき時刻はお昼前の11:50、地元の方数人が並んでいました、
先ほどのしまなみ渡船の方も行列の中に、地元人気の行列の出来る店ですね。