せっかくの連休も雨にたたられて化石採集には行けず・・・
ならばとユーラシアスポルティーフのレストアに集中する。
イメージ 1
当時は標準だったのだろうが、Fギアのスギノマキシー2は50TX40Tのギアを履く、
は13~24ということなので、坂道では相当苦しいペダリングとなるだろう、
3段化を検討して、シマノデュラの3段Fギヤ48TX36TX28を用意したのだが、
クランクがぼってりとしてスマートさに欠けるということで、50TX34Tに変更に決定、
新品の34Tが届くまでのあいだに、アルマイトはがしとクリーニングを行う、
イメージ 2
イメージ 3
今までのサビサビの自転車と違い、鉄錆は少ないのだがアルミのサビは深く、
アルマイト部分から本体にまで及んでいた、丁重に磨きピカールで磨きだしでOK、
到着した34Tを組み込んでみた、シルエットより実を取った結果が上の写真、
坂道が多いのでフリーも本当は30T位ほしいが、今度Rメカと相談してみよう。
イメージ 4
フロントキャエリアにヘッドライトステーを追加して、バッテリーライトを追加した、
状況を見てもっと明るいものに、変更しなければならないかもしれない。