県発注のトンネル工事にからみ、
建設業者より漁業補償名目で、有田川漁業協同組合が600万円を脅し取る?
3月驚きのニュースが県内を駆け巡った、それ以外にも余罪がゴロゴロ・・・・・
台風12合に伴う河川氾濫による、河川改修や付近の道路工事は大丈夫なのか?
そもそも漁協の名のもとに公共の河川を独占し、釣り堀営業する集団の集まり、
それが漁協の実態なのではないのかと疑ってしまう、そのうえで恐喝?まで。
5月20日より鮎が解禁されているが、どれほどの鮎が放流されているのだろうか?
イメージ 1
イメージ 2
先日有田川本流で鮎釣りをする方の近くで、放流された鮎の集団を見かけた、
苔を喰むでもなく泳ぐのみ、下流では鮎釣りを行っているか釣果はゼロらしい、
二川ダム上だから放流物の鮎だろうが、3月放流の鮎は大きくなっているのか?
釣り堀状態だから仕方ないが、放流された鮎が釣り切られればおしまいですね。