今日からは、頭足類の化石の紹介・・・
 
Hauericeras sp、   軟体動物頭足類時代    
時代 上部白亜系 カンパニアン   地層  外和泉層群鳥屋城層
採集場所  和歌山県有田郡有田川町(旧金屋町) 
 
外和泉層群・鳥屋城層の化石採集はというと、谷・池崖での採集が中心となる。
ところが一人誰か採集に入ると、広大な山裾で化石の取りこぼしもあるだろうが、
ほぼ数年自然風化を待つか、谷筋では洪水などでの氾らんを待つしかない。
だから採集できる化石というものは少ないのだが、工事があると状況は一変する、
国道バイパス工事の折は、最初は風化層徐々に硬い泥岩の層を切り裂いたので、
実体化石がノジュールがゴロゴロ、約300mの区間で化石大フイーバーが起こった。
イメージ 1
工事初期に見つけたハウエリセラス、住房部分のみ残されたタイヤ型、
このような化石を含む、溶け込んだ大ノジュールが見つかり化石は多産した。
イメージ 2
風化こそしていないが生で見つかる物、全体が保存されているのだが印象みたい、
一応ノジュール化しているようだが、気房部分の厚みは1mm程度のペッチャンコ。
イメージ 3
最後の工事区間からのノジュールイン化石、イノセラムスシエルター内で保存され、
希望部分からは隔壁も確認できる、飴色の殻もついているが分離は悪い。
イメージ 4
保存状態がよくここでは一級品かと思われる、裏側にはテトラゴニテスや二枚貝、
ノジュールインなら北海道並みの物も見つかる。