外和泉の二川層の化石の産出は、生で入っているので見つけにくい為に、
石の表面に見えるアンモナイトの痕跡を頼りに、化石採集していると伝えた。
ノジュールがあまり発達しないこの地層で、よく見つかる白っぽい小さなノジュール、
ほぼ無化石だが時々面白い物が入っている、その例が下のノジュールの写真、
イメージ 1
白い部分がアンモナイトの住坊部分、2巻き目は黒く断面と住房部が確認できる、
こうゆうノジュールINのアンモナイトも見つかる、母岩より柔らかいノジュール。
 
下の写真は母岩より取り出したノジュール、内部は柔らかく溶け込みもしている、
イメージ 2
 
イメージ 3
表面にアンモナイトの肋?部分が見えることから、ちょこっとたがねで割ってみた、
イメージ 4
パコーンと気持ちよく割れ出てきたのは、アンモナイトのへそ部分保存状態良好・・
化石表面だけが方解石化している皮一枚の状態、内部は柔らかく崩壊寸前、
このような石からも出るという事がわかりました、内部からの崩壊を予防する為に、
パラロイドを併用して崩壊防止策を行う。
イメージ 5
Gaudryceras  sp,
   地層 外和泉層群 二川層  
産地 有田郡有田川町清水
 
私が持っている中で一番保存状態の良い、アンモナイトのへそ化石となりました。