有田川町の南部には、東西に分断された二川層がところどころに見られる、
この産地の一つが「化石山」と呼ばれるところ、みかん畑工事で出来た産地だ。
以前はたくさんの化石を産出するとともに、野外学習の場としても利用されてきた、
現在は牧山羊地として利用されているために、化石採集することはできない、
また立ち入ることもできないのでご注意願いたい。
ここの化石は、ほぼぺっちゃんこの印象化石のような状態で発見される、
スレートのように石を薄く割りながら、右左に分離した化石を探すこととなる。
アンモナイトではテキサナイテスや、ポリプチコセラスやフロセラスなどが多産した、
以前ここの産地から発見した、アンモナイトの顎器(イカのカラストンビ)を紹介した、
この5cm大の顎器の大きさからすると、大型のアンモナイトも生息していたようだ。
ここでは北海道や九州で見つかる、異常巻?のポリプチコセラスも多く見つかった、
イメージ 1
 
イメージ 2
部品は多く見つかる、良品はほとんどクリーニングしなくても良い状態で見つかる、
ぺっちゃんこだがうまく片側についいててくれればラッキーなのだが・・・・・
左右泣き別れすると最悪の状態、お互い対象の標本ができることとなる。
イメージ 3
上の写真のポリプチコセラスは少し形状が違う、ヘテロプチコセラスかもしれない、
ヘテロプチコセラスは2山向こうの産地(現在採集禁止)から見つかっている。