有田層からは三角貝、プテロトリゴニア・ポシリフォルミス が多産しますが、
ニッポノトリゴニア (Nipponitrigonia sp, )も二枚貝にまぎれて採集することが出来る。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
印象化石となれば雌型での判断となる、風化していない石から見つけると今度は、
硬くまったく面倒な石で、分離が悪く殻と思われるところまで削る必要があある、
表飾を判断するのは大変難しく、上の写真のように表飾まで削ってしまい×となる。

イメージ 4
有田層ではこのサンゴ化石以外見たことがない、本体が溶けてしまって印象だが、
ラッパのような形をした、単体サンゴ(四放サンゴ・四射サンゴ)の口の部分化石、
固い石ならほぼ絶望的な分離状態だが、印象化石なら隔壁の様子も良くわかる。

さて明日の天気は、和歌山県立自然博物館・友の会の「地層の観察会」へ・・・