「地層の観察会」和歌山県立自然博物館・友の会の行事に参加してきた・・・・
イメージ 1

イメージ 2
友の会の行事で、学芸員のO氏以外の化石に詳しい方が居ないと言うことで、
近畿地学会のfossil1129さんとともに、化石採集の仕方と同定のお手伝いを担当、
難しい知識要らず「二枚貝・ナノナビス」程度、化石を見分けられれば出来る。
普段は立ち入り禁止の私有地での採集、この会に合わせ重機が入れられていた、
割る石はたくさんあるが泥がついているために、表面の観察が出来ないのが難点。
早々シャスティクリオセラスを見つけたが、以前採集しているので参加の者に提供、
「コレなんですか」攻撃が始まるも、友の会行事の為リピータが多かったので、
「巨大アンモ・・」より楽だ・・・・、一緒に石を割りながら楽しい時間を共有できた。

今回もお持ち帰りはなし、fossil1129さんの北海道土産をいただいたのみです。