棚ぼたで採集できたゴードリセラストンベツエンゼは、MY標本箱に収まった。
当日清水の谷で採集したもうひとつの石、ノジュール自体が気房部分のアンモで、
イメージ 1
小さいながらも方解石化しているので、分離が良いことを祈るばかりなのだが、
イメージ 2

イメージ 3
確認のために小割して気が付いた・・・・、気房(臍)の部分が2個入っているようだ、
それもほとんどくっついた状態だ、さて保存良好なのだがどのように料理しよう?。

先の初採集で採集したキャナドセラス、分解した半分の気房部分は打つ手なし・・・・
イメージ 4
持っただけでボロボロと土に変わってしまった、かろうじて外周は復元できるようだ、
パラロイドも浸透するばかりでお手上げ、瞬間接着剤を浸み込ませて固定をした、
内側は復元するしかないようだ。