湯浅から始まった化石産地巡検、とうとう外和泉の東の果て(旧清水町)に来た、
クツワムシさえ鳴かぬ里・沼谷、春の巡検以来の訪問となった。
イメージ 4

イメージ 5
夏場にたくさん採集者が訪れたらしいが、夏の台風と・大雨があり割跡は見えず・・・
全て水流が綺麗に流し去ったようだ、ここ数日前に採集者が訪れたようではあった?崩されて適度に洗われた石からは、小型のアンモナイトやイノセラムスが見つかる。
イメージ 1

イメージ 6
Endocoster balticus
(bohm)   全て スケールは1cm 白亜紀後期 二川層
イメージ 2
Platyceramus cf cycloides  
NagaoMatusumoto
イメージ 3
Gaudryceras tenuiliratum
そして締めの産地はおなじ沼谷のアイノセラスの産地、大水で崩れた石は四散し、
割る石は河床に敷き詰められていた、片っ端から割りながら化石を探すと・・・・
アイノセラスらしき化石が見つかった、剥離面に入っているので剖出は困難か?
イメージ 7
 Jouaniceras (Ainoceras) paucicostatum  スケールは1cm 白亜紀後期 二川層

30分プラスの化石産地巡検でしたが、確かな化石の有無?を確認できました・・・
ただし次回は見つからないであろう産地も、また多くあることが確認できました。