農耕民族の性なのだろうか?、ついつい集めてしまうくせが抜けない。
鉄道部品・鉄道模型・写真・化石・鉱物・自転車・漂着物、集めだしたらキリがない
誰かにあげればいいと保管、これ使えるなと思う予備部品の整理もできない。
貴重品なのだがそれを理解できるものから見れば宝でも、普通の人にはゴミ。
集めないでおこうと思っても、予備にとついつい手を出したものがあふれている、
今日もまた昔の自転車仲間Yから、自転車(旧車)レストアしてるんだってね、
家の自転車の部品使ってくれないかな、ダンボール1箱分の部品が持ち込まれた、
イメージ 1
「いりません」と断れない自分、箱の中には昭和50年代の自転車部品がどっさり
レストアには欠かせない部品、今は必要のないものばかりなのだが断れなかった、
なんだかんだで予備部品で5台分のストックがある、自転車は4台を保管使用中
嫁さんが眉を吊り上げて「何処に置くの」の一言、嫁さんは狩猟民族系で処分派、
ゴミ箱のフタから救出した駅名標は、置き場所がなくまたゴミ箱のフタに戻っている。