飛行機でのの到着時刻13:00となったために、一日目は遠出ができない・・・
石垣島らしい風景を楽しもうということで、市街を抜けて毎度お馴染みの川平湾へ、
イメージ 2
風が強いが湾内であるため波も静かだろうから、グラスボートで海中見物にする、
昨年は大きな台風もなく、海水温度の高い状態が続きサンゴの生育が悪いとか・・・
午前中は台湾のクルーズ船の客で大混雑したとかが、午後はガラガラの状態とか、
利用したグラスボートの船長さん、少ない乗客7名に向かって提案があります?
イメージ 3
リーフエッジにウミガメがいます行きますか?の一言、即全員OKの回答があり、
内海を抜け波高きリーフエッジへ直行、内海と違い海の青さが強く水も澄んでいる、
イメージ 1
水面下5mほどのサンゴの上でウミガメが休憩中、付近にはもう一匹も隠れていた、
イメージ 4
ウミガメに満足して内海へ戻り、サンゴなどを見たが死滅したものが多く見られる。
その後海岸線をBCしながら散策、何も漂着していない海岸に見切りを付けて退散、
屋良部半島の秘密の浜?へ、この浜は入口が分かりにくいが地元では周知の浜、
イメージ 5
陥没鍾乳洞やグリーンタフの路頭もあり、BC以外にも地質関係も楽しめる場所、
潮が引いていれば沖合200mくらいまで遠浅になり、海も楽しめる場所でもある。
イメージ 6
思ったよりも漂着物は少ないが、瑪瑙や晶洞型の水晶を見つけることができた。