職場の若手連中が、シャワークライミングに行くという事で同行させてもらった。
目的地は初心者という事で入門クラス、熊野川水系高田川の支流栂谷というところ、
沢登は数十年ぶりという事で古い道具を引き出し、形だけは整えてAM4:00出発、
現地で合流後に目的の栂谷へ移動、水温と水量もまずまず上流を目指す・・・・
イメージ 1
途中のナメ滝では暑さに我慢しきれず、ウオータースライダーよろしく遊ぶ場面も、
イメージ 2
適度なナメ滝と巨岩の中をルートを探し上流へ、頭から水をかぶる場面もあり、
イメージ 3
初心者向けとはいえ、ルートフアイテイングに慎重さを要求されるところも多い。
イメージ 4
2012年の台風で相当石が動いているようで、前回の谷を知るリーダも驚いていた、
イメージ 5
泳ぎ頭から水をかぶり腰までの渡河繰り返す、間もなくこの谷の核心部が見えた。
イメージ 6