近畿地学会の総会にて二川層から、大阪のY氏がこんなもの見つけました?
イメージ 1
以前から怪しいと思っていたアンモナイト、エゾイテスと思われるものの良標本、
お隣の鳥屋城層から、2種類のスカフィテスの産出は以前からも確認していた。
イメージ 2

イメージ 3
それ以外に以前から数点の、ゆる巻きのアンモナイトが同地で見つかっていた、
私の採集した物は鳥屋城層という事で、ノジュールからでなく保存状態もよくない
ぱっと見では潰れたキャナドセラスにも見える、本体確認しようとして彫り込みすぎ、
イメージ 4
まるでスカフイテスのような状態、石の状態からしてこれ以上の成果は得られない、
Y氏の採集した標本は若干住房部が膨らんで見えるが、エゾイテスと同定した・・・・
時代がどうも怪しいが、なかなか生存期間の長いアンモナイトのようだ。