和歌山県立自然博物館「友の会」の、地層と化石の観察会のお手伝い・・・・・
近畿地学会のメンバー3名が参加、午後からの行事で午前中は個人で化石採集、
イメージ 1
古い今は見向きもされなくなった産地へ、石が動く事はないので転石を叩いてきた、早々に飛び出したのはクリオセラタイテス、しかし後が続かず2枚貝ばかりだった。

心配していた天気が崩れとうとう雨を降らし始めたが、観察会は予定どうりに開催、
ただし天候を考えてキャンセルした方もいたのか、参加者は例年より少なく感じた、
雨支度での化石採集となったが、化石を探す熱気はすごく方々でこれ何攻撃・・・
イメージ 2
しかし友の会の行事の為リピィターも多く、少しはハンマーを振るう余裕があった。
雨はますます激しさを増し14:30一応散会、強者は15:30まで雨の中を粘っていた、
イメージ 3
それにしても採集開始を狙ったような嫌な雨、誰か雨男がいるように思えた・・・
今回は雨の状況で石が見にくく、アンモナイトを採集された方も少なかったようだ、
しかし化石に対する熱気が伝わってくるようなイベントとなった。