熊野地方の鉱山巡りの第一目標は、大塔鉱山に続く松畑鉱山の場所特定だった、
ネットで調べてても場所は伏せられていて、はっきりとした場所がわからないので、
記事を頼りに請川谷付近からしらみつぶしに捜索、まずは熊野古道小雲取越へ。
イメージ 1
請川から入る途中に怪しい分岐もあるが、松畑茶屋跡から松畑集落を探します。
イメージ 2

イメージ 3
松畑集落跡発見できました広大な山林に、住居跡や生活物品がなどが見れます、
イメージ 4

イメージ 5
ここから請川谷側の支流に降りてみます、炭焼き窯跡が残る川沿いを探査中です、
イメージ 6

イメージ 7
左支流は30mの岸壁で終点、上部に上がるも川ズレした石英や水晶ばかりです、
イメージ 10

イメージ 9
右側支流を詰めましたが同じようなものばかり、14:00探索を終了して下山開始、
イメージ 8
下山中に地図を無くしてしまい記憶でルート選定、お滝さんに立ち寄り降りて見学。
イメージ 11
お滝さんの河原にて川ずれした石英(蛍石だった)を、1個見つけました・・・・・、
イメージ 12

イメージ 13
一応この請川谷上部には蛍石の鉱脈(露頭・鉱山?)があることが判明しました、
こうなると松畑鉱山はもう一つの谷か。、如法山の下の谷になるのでしょうか?