撮影旅行5日目午前中に鹿児島市内でDF50、お昼を挟んで桜島観光と市内観光、
午後は日本最南端の駅「西大山」まで足を延ばす、梅雨前線も活発に活動を開始、
西大山で一時雨が止んだ以外は、ほぼ一日中雨にたたられ指宿の宿に入った。
指宿の砂風呂には豪雨の為に入れず、薩摩地方では大雨警報も発令された。
翌日早朝は雷雨と大雨警報で起こされ、まだ指宿枕崎線は動いていたので出発、
枕崎から「鹿児島交通・枕崎線」の探訪、笠田駅までキハ07似のDCの旅を楽しむ、
加世田駅に隣接する車庫で4時間を過ごす、ココには南薩鉄道時代の車両が残り、
鐡道フアンにも優しく許可を得ると、構内に自由に立ち入り撮影・見学が許された、
イメージ 1
☝車庫で休むDC100型(キハ07タイプ)と300型(キハ10系タイプ)
イメージ 2
☝廃車体のSL達、国鉄C12タイプと日車Cタイプ、庫内で修復中の車両もある
イメージ 3
        ☝加世田の側線から発車したDD1202牽引の貨物列車
イメージ 4
☝車庫内のドイツ・ハノーバー製のC型機関車

残念ながら現在は廃線になり記念館だけが残る、加世田構内を満喫し伊集院へ、
伊集院へ車内で重大な情報が入る、今と違い情報は現場でしか得られない時代、
前日からの大雨で九州内各線は乱れ、鹿児島本線は出水で冠水で運転休止、
迂回の肥薩線も人吉付近で止まっていると言う、日豊本線は辛うじて運転している、
博多から明星利用で早朝大阪着、そのまま出社を予定なのでこのままではヤバイ、
時間も早いので行ける所までという事で、日豊本線の「にちりん」で博多を目指す、
時間的には小倉で明星に1時間の接続できる、しかしそんなにうまくいかなかった、
大雨による規制で鹿児島神宮で4時間停車、この時点で明日の仕事は絶望的、
会社へ電話で急遽の休暇をお願いした、関西の方も大雨で大混乱であった・・・・・
運転再開したのち大阪方面へは、宮崎発の「彗星」への便宜乗車案内があり安堵、
「にちりん」を接続待ちした「彗星」は、宮崎駅を3時間遅れで発車して大阪へ、
翌日の9時に大幅に遅れ大阪着、大阪は梅雨前線による大雨でダイヤはズタズタ、
11:00頃から動き始めた阪和線にゆられ、帰宅できたのは15:00頃になりました。